Top > カニの時期になってきましたね!

カニの時期になってきましたね!

潮の干満差が大きい瀬戸内海で人気のあるカニと言えば様々な種類で有名なワタリガニのことで、足の先っちょがひれの体裁となっている上に、海を横断することからこのネームが付けられています。甲羅の全幅が13センチより大きい物でないと漁獲することができません。
漁期が定められているので、ズワイガニの時期は本来では12月前後で、シーズンを考慮してもお歳暮などのギフトにしたり、おせちの一品として愛されている事でしょう。

丸ごと新鮮な花咲ガニが届いた折はカニをさばく際手を傷めてしまうこともあるため、軍手・料理用の厚手の手袋などを利用したほうが怪我をしないでしょう。

メスのワタリガニは冬場~春場の間に生殖腺が成熟することで、腹にたまごをストックしています。やみつきになってしまうたまごも口に入れる事が出来る豊潤なメスは、すごく絶品です!

旬のタラバガニの味覚が味わえるシーズンがきましたね!今回はタラバガニを通信販売でお取寄せしようと思い立って、ネットでいろいろなお店を探っている方もかなりいらっしゃるのでは。


美味なタラバガニを区別する方法は、体外がとても強い種類や重々しい感じのタイプがいっぱいの身が隙間なく詰められていると聞きます。スーパーなどに行くことがあった時には、検証してみると分かるでしょう。
この何年か、カニマニアの中で弾力のある食感の「花咲ガニ」への興味が集まっています。この花咲ガニの8割くらいが獲れる遠い北海道の根室まで、美味しい花咲ガニを食べに行こうという周遊旅行の募集があるほどです。

綺麗な海と面している北海道の毛ガニの細やかな旨み、こってりとした蟹味噌の味と優しい舌触りに満ち足りた後のエンディングは、風味が行き渡る甲羅酒をご堪能ください。毛ガニはどんな調理法でも大満足です。

元気なワタリガニを茹でようと思う時に、手を加えずに熱湯に入れ込むと、勝手に脚を切り落とし原型を留めなくなるため、水の状態より湯がいていくか、脚をひもなどでくくってから煮るといったひと手間を加える方が適切である。

おいしい毛ガニを通信販売のサイトから買いたいという思いがあっても、「形状」、「活きたまま・茹でて」などについて、どのように選べばいいか困ってしまう方もいらっしゃるのではないですか。


ときおり、豪勢におうちで活きのいいズワイガニというのはどうでしょうか?料亭、旅館に行くのと比べたらネット通販にすれば安めの価格で済むんですよ!
一味違うズワイガニは11年目でやっと販売できる容積に育つのです。その訳から漁業量全般が落ち込み、カニ資源保護の為に、海域の場所によって色々な漁業制限が定められていると聞きます。

家に届いたらただちに食卓に並べられるのに必要な処理済の楽な品もあるというのが美味しいタラバガニを通販でお取寄せする利点ともいえるのです。

ワタリガニと言うと、甲羅が強力でずっしりとくる身のものが比較する時の重要な点。煮てみても美味しいが、少し焦げ目がつくくらいに焼いたりしても美味い。コクのある身は味噌汁におすすめだ。

あなた方も時に「本タラバ」と呼称される名前が耳に入ることがあるでしょうが、鍋料理で定番の「本タラバ」は「本当のタラバガニ」という意味で「本タラバ」と名付けられているとのことです。


カニポーションの通販ならこちら!↓
http://www.xn--u8j4c2klf0b1dyc.biz/
関連エントリー